椎間板ヘルニア

その他の腰痛も紹介します。ぎっくり腰から発展する可能性もありますので注意が必要といわれています。

 

まずは腰の怪我で1番有名といっていいでしょう。椎間板ヘルニアです。

 

原理としては腰椎4番5番で最も発生しやすいといわれていて、時には2番3番や5番骨盤間(仙椎)で起きると言われています。

 

太ももの後ろや足の指などに痺れが出る特徴があり、何処の指が痺れているかで何番にヘル二アがおきていると断定できると言われています。

 

足を上げるなどの運動機能が低下する事で私生活にも支障が出る怖い怪我の一つと言えます。

 

原因としては腰椎の間にある、軟骨(椎対)が変形を起こし、神経に触れるため痛みや痺れが起きるとされています。

 

人それぞれ痛み方が異なり、ヘルニアが出ていても腰は痛くないが足は痺れる時や腰が痛くても足が痺れないというケースもあり、症状的に統一性はあまり見られないとされています。

 

ただお尻や足に違和感などはでる場所は断定できるとされています。

 

年齢的に若い世代に起きる傾向があり、10代から40代までが一番多い年齢層と言えます。

 

お尻や足に痺れが出るため坐骨神経痛と見間違える事が多くい見たいです。痺れている神経が一緒の為と言えますが、痺れている原因に違いがあり、レントゲンやMRIなどで調べなければ、詳細は分かりません。

 

治療方法として、腰の牽引・ブロック注射・手術という方法があります。民間治療でも成果が出ているようです。その他にもゴムチューブ療法や水中歩行などでも治療が行われています。

 

手術などを行っても、痛みや痺れが取れないケースもあり、治療は慎重に考えたいと言えます。

 

時には頚椎(首)にも出るケースがある為腰と首の両方に抱えている人もいます。

 

両方をわづらっいる人もいますので、ヘル二アになりやすい体質というのもあるのかも知れません。

 

厚生労働省から頚椎症などの手術を受ける時のガイドラインが発表されていて、腰や首にしろ、背骨に関する手術は紙一重の行為になることから、医師との相談を元に慎重に進めていくのが望ましいと考えられます。

 

 

ぎっくり腰を起こしてしまった瞬間に足にも痺れが走ってしまった!時などはこの椎間板ヘルニアの可能性があると言えますので、必ず病院で検査しましょう。

 

ぎっくり腰になった瞬間ヘルニアになったか、あるいは元々ヘル二ア気味の腰がその瞬間に悲鳴をあげたのか、どちらと断定できないですがなってしまったら一生付き合わなければ行けない可能性がありますので、注意が必要です。

サイト関連ページ